製品情報


地域をデザインするとは

地域はヒトです。ヒトがイキイキと生きている町は、心地良く、こどもたちもすくすく育つのだと思います。ヒトが元気に動くとコトが生まれ、モノも生まれます。私の考える地域のデザインは、人が動くしくみを考え、創り、発信することです。

映画による地域デザインのはじまり

みつけものDVDジャケット

2010年、岐阜県恵那市岩村町で地域ブランディングを目的に、映画「みつけもの」を制作しました。
愛知淑徳大学の本ゼミと岩村町の市民団体「城下町ホットいわら」の共同自主制作で、70分の作品です。
地域のブランディングを「映画」によってデザインしたいと思ったきっかけは、岩村町に初めて出かけた時に見かけた「女城主の里」の看板。
戦国時代の岩村城の城主が女性だったということだけでも、十分興味をそそられました。
それから女城主についてのリサーチを始め、約1年。岩村町に必要なのは、地域の人々のシンボルと明確な方向性だと考えました。
そして、そのシンボルとなり、方向性を打ち出せるのは「女城主」そのものだと。

シナリオのテーマとブランディングコンセプト

映画による地域ブランディングデザインに必要なことは何か?
「映画のシナリオを書くこと=地域のブランディング計画を作ること」と考えています。映画を創るという行為と出来た作品を発表することで伝える行為から、地域の方向性を発信するコトをシナリオでデザインするのです。
ですから、シナリオを書く前のリサーチは、かなり周到に、過去から現在、未来にまで渡り行います。地域の歴史は、今の地域を形成していますし、現在の在り方は今後の地域を作ります。
地域を歩き回り、人に会い、さまざまな体験をする中で、この地域の核となるものは何か?を探っていくのです。
そして、これが地域ブランドのコンセプトにもなり、映画のシナリオのテーマともなるというわけです。
岩村の場合は、「知と美」を併せ持つ女城主の「強く、優しく、美しい女性たちの町」です。


次のページへ

◆外部サイトへのリンク

みつけものWeb

タカハマ物語Web
(トップページで音楽が鳴りますのでご注意ください)